| Main | All |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
第13回トリオフに参戦してきました
タイトル通り。今回は知り合いの方からのお誘いでトリオフに参加させて頂くことになりました。
ポケモンのオフというもの自体に参加するのが初めてで少し不慣れな部分もありましたが、参加者や主催者の方々のおかげで非常に楽しい一日を過ごすことが出来ました!本当にありがとうございます!
あと、IRでの対戦の仕方を知らなかったのでこれもまた一つ勉強になりました。


対戦についてですが、無制限の方だけレポートとさせて頂きます^^;←
単タイプは簡単にまとめると、マリルリできあパン打ちたかった、急所で勝ってすみませんでした、じゃんけんで予選落ちしましたの三拍子でした…w
使用したのはマリルリ/レントラー/ウインディ/エーフィ/ローブシン/オノノクスでした。


そして無制限で今回使用したPTはこちら。


ダウンロード


【個体紹介】
クロバット(特性:すりぬけ/NN:ハバキリ)@拘り鉢巻
161(4)-142(252)-100-x-100-200(252)/31-31-31-x-31-31
技構成:ブレイブバード/蜻蛉返り/クロスポイズン/寝言
ASブッパの鉢巻型。ブレバでH4振りラティオスを中乱数。寝言搭載でささやかな催眠対策。
壁貼りからのブシンを一撃で撃沈させようと壁を無視できる夢特性を採用。実は孵化厳選産←
NNは雨羽々斬から。


ランターン(特性:蓄電/NN:うみたまご)@拘り眼鏡
207(56)-x-90(116)-132(188)-110(112)-92(36)/31-x-25-31-30-31
技構成:熱湯/10万ボルト/ボルトチェンジ/冷凍ビーム
BCベースの眼鏡型。耐久は陽気オノノクスの地震耐えと控え目眼鏡キングドラの流星群確定耐えまでは実現。
クロバットとの相性補完兼ボルトサンダーのストッパー要員。
正直雨が重い+この子がいると電気技を躊躇われるので熱湯で火傷しなかったり水技で拘った雨エースを流せる貯水でも良かったかなーと思っています。そうとなればまた立ち回りが変わるので難しいところですがね。
NNは某県の水族館から。


シャンデラ(特性:炎の体/NN:ほむら)@気合の襷
159(220)-x-110-216(252)-106-105(36)/23-x-30-31-[22-23]-31
技構成:火炎放射/シャドーボール/めざめるパワー氷/トリックルーム
HCベースのトリル要員。後続のブシンで雨や砂を下から叩いて勝ちに行くためのお膳立て兼アタッカー。
Sは何故かH159珠ッサム抜きをしていたのですが、正直HCブッパでも良い気がします。
めざ氷は出てきやすいガブ等を狩るための隠し玉。威力不足でもめざ格が欲しいと思う場面が多少ありましたが、氷の方が個人的にはいいかなと思いました。採用理由は下記参照。
NNは色合い的なアレ← ♀でツモり直しましょう…w


エアームド(特性:頑丈/NN:WingZero)@レッドカード
141(4)-132(252)-160-x-90-134(252)/31-31-31-x-31-31
技構成:ステルスロック/吠える/挑発/ブレイブバード
ASブッパの起点作りエアームド。バンギムドーとしての組み合わせだとHBゴツメと見られ初手で物理アタッカーがバンバン引いていきます。そうなればステロ撒いて吠え続けて後続を見てから動きを取れるという有利な立ち回りが取れます。そして後続の起点になりうる相手にブレバで散って安全に後続を死に出しして全抜きを狙います。
NNは機動戦士ガンダムから。本当はFormula91とかでも良かったかなーw


バンギラス(特性:砂起こし/NN:ライザー)@ラムの実
175-186(252)-129(4)-x-119-124(252)/31-31-27-x-28-31
技構成:噛み砕く/冷凍パンチ/蹴手繰り/竜の舞
ASブッパでこのPTのエース。ムドーで起点を作ったり有利対面から舞ったりして全抜きを狙います。
ラム採用は舞った後の死に出し化身ボルトの電磁波や鬼火対策として。一時期はシュカを持たせて無理矢理グライオンを起点にしていましたが、異常状態の方が怖かったためラムを採用。
ウルガの為に岩技が欲しかったりラティハッサムを初手で事故らせるために炎のパンチが欲しかったり。
NNは遊戯王の風帝ライザーから(良いNNが浮かびませんでした←)


ローブシン(特性:力ずく/NN:ともぞう)@命の珠
207(212)-169(72)-118(20)-x-122(204)-65/31-30-31-x-31-31
技構成:ドレインパンチ/マッハパンチ/雷パンチ/冷凍パンチ
@コさんの調整を使用させて頂きました。以前の格闘枠がエルレイドだったこともあり、Dにある程度厚い格闘枠が欲しかったためこの子を選びました。
このPTの裏エース。バンギムドーで突破が厳しい相手を突破してもらいます。
耐久は鉢巻いじっぱカイリューの逆鱗とラティオスの臆病眼鏡流星群を高乱数耐え。
攻撃面はH159-B101ラティを力ずく珠冷凍パンチで確定1発。
この子を採用してから雨メタをメタるようなポケモン(ex.霊獣ランドロス)に対して有利に立ち回れました。
また、バンギラスと並べることでシャンデラとのトリル軸を意識させないようにしました。
結果として配置は怒られそうな位めちゃくちゃですね()
NNは某人気アニメのおじいちゃんから(良いNNが浮かばなかったから某実況者さんのアイデアを取っただろとか言わないでね!)



PTのコンセプトは「クロバターン軸偽装バンギムドー+トリルブシン」です。

バンギムドーと言えばHDバンギとHBムドーの受け回しが有名ですが、今回は敢えてステロ搭載の赤札ムドー+竜舞バンギの形で採用しました。
これによりPT全体で重いマンムーやクレセドランを不意に一掃でき、カイリューもステロでマルスケを潰して冷拳で吹っ飛ばせます。
ただ、この型だとスカーフガブだったり珠猿や帯ボルト等の両刀に弱かったりするので、格闘キラーとして鉢巻クロバット、ボルトサンダー(あわよくばスイクン)ストッパーとして眼鏡ランターンを採用しました。
バンギムドーの形が取れずともクロバターンでの蜻蛉ルチェンが出来、割と柔軟な動きが取れるところも魅力的かなと考え採用しました。
(というより、クロバターンはBW2でずっと使い続けてきたお気に入りの組み合わせなので、大会でどこまで行けるかというのが地味に気になっていました。それ故の採用でもあります)

しかしながら、この4体だとどうしても雨(特に霊獣ランドのようなランターンストッパーがいるPT)が非常に重く、砂もバンギがエースの軸な為に突破が非常に難しいです。
そこで今回採用した2体がシャンデラとローブシン。
最近だと耐久調整を施したりヨプを持たせたりしてブシンを返り討ちにするドリュウズもいるため、如何にして意表を突いて砂エースを突破するかと考えたところ、ブルンゲルではなく敢えてトリックルーム搭載のシャンデラを採用。

シャンデラを採用した理由としては、
・トリックルーム始動要員としてのイメージが薄いため。ブルンゲルだとトリックルームの印象が強い為見送り。あとブシンの雷拳で致命傷を受けるため
・小さくなるシャンデラだとバンギとの相性が悪い→スカーフトリック型と疑わせてトリックルーム意識を遠ざける
・バンギがエースだとハッサムが重いため、ハッサムに対しての牽制(特性は貰い火ではなく、他にも物理アタッカーに対してワンチャンある炎の体を採用)
・めざ氷を搭載しているので逆電磁砂やバンギを読んで出てきたガブを返り討ちにも出来るため
が挙げられます。

ただ、砂やステロで削れて対面した相手に落とされかねないということがあり、立ち回りが結構難しく感じました。



戦績は予選リーグで3勝3敗の7人中3位で予選突破まであと一歩でした。
少し悔しい結果に終わりましたが、色々とギミックを搭載して全部が割れることなく相手を翻弄出来ていたという点は褒めてあげてもいいかなーと思います。
フリーやレーティングと違って、相手サイドの表情が伺えるというのもオフの醍醐味の一つとも思います。



P.S.無制限の予選前に主催者サイドから聞こえた会話
「これムドーでステロ撒いてバンギが竜舞する奴やろーw」
恐らく私のことでしょうねw ただ、トリルブシンははっきりと断定出来なかったんじゃないかなーとしれっとドヤ顔してました…w←
スポンサーサイト
オフレポ | comment 0 | trackback 0 Top ↑
| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。