| Main | All |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
第1回神速オフに参戦してきました(後編)
前記事からの続きです。
※個体紹介と対戦の流れ等も綴っているのでかなり長いです

午後はBWのシングル6350戦。前回の雪辱を晴らすべく、前回のPTの穴を出来る限り埋めて柔軟に動くことが出来るだろうPTで出向きました。

今回の使用PTはこちら。

BW2PT


【PT紹介】

クロバット(NN:Remilia.S*)@拘り鉢巻
性格:陽気/特性:すりぬけ
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:161(4)-142(252)-100-x-100-200(252)
技構成:ブレイブバード/蜻蛉返り/クロスポイズン/寝言

言わずもがなの相棒枠。色合い的にこのNNで使いたかったんで海外ROMで頑張りました()
バンギラス・ドリュウズの並びに出てきやすいローブシンやキノガッサの対処、初手で繰り出して一貫性の取れやすいブレイブバードで相手のサイクルを崩していきます。
催眠対策として寝言を採用しているので催眠技読み後投げが非常にやりやすいです。


ブルンゲル(NN:Pringles*)@水のジュエル
性格:控え目/特性:貯水
個体値:31-x-31-31-31-31
実数値:191(124)-x-91(4)-143(196)-137(92)-92(92)
技構成:ハイドロポンプ/シャドーボール/ギガドレイン/トリックルーム

前回のPTでブルンゲルの採用を見送ってシャンデラを採用しましたが、ステロで襷が潰れて機能停止したり何よりもカバルドンや雨パが重たかったので採用。
カバルドン・ドリュウズの並びを見たら初手で出して、水のジュエルハイドロポンプで慎重HD252カバを確定一発。
本当は命中安定の波乗りが欲しかったんですが、2割の外しのリスクを背負ってでもカバの処理を優先しようと考えたためにドロポンを採用。
無補正A252珠ドリュウズの地震程度なら砂ダメ1回入っても確定で耐えてくれる(H180-B91ブルンに対して153~179のダメージ)ので、トリックルームを展開して後続のローブシンで全抜きを狙います。
レートに潜ってて体感的にヨプ持ちのドリュウズも多かったので、あわよくばドロポンを一発当てて退場なんてことも出来るかもしれませんね。
特性を貯水にすることで雨に対しても繰り出しやすいので、雨に苦手意識が強かった私としては凄く心強かったです。


バンギラス(NN:MontBlanc*)@ラムの実
性格:陽気/特性:砂起こし
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:175-186(252)-131(4)-x-120-124(252)
技構成:噛み砕く/蹴手繰り/冷凍パンチ/竜の舞

そして今回のPT地雷その1。懲りずにまた使いました()
前回バンギムドーの偽装がエントリーシートで見破られたのがどうも頭に残っていたので、ほぼバレないように組んでやろうと模索してきました←
相手を選びますが、1回舞えたら弱点を突けるなら大体の相手を飛ばしてくれるので凄く強いと思います。
レートで潜っていた時に、先発で起点を作って繋げてクレセリア・ヒードラン・ビリジオンを綺麗に3タテした時は爽快感マックスでした(好きな実況者さんと似たシチュエーション作りが出来たというのもありますがねw)
NNはとある知り合いがモカケーキみたいと言っていた所から。どことなくモンブランに…似てないかな?(._.)


ドリュウズ(NN:GrandCross)@気合の襷
性格:陽気/特性:型破り
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:186(4)-187(252)-80-x-85-154(252)
技構成:地震/アイアンヘッド/岩雪崩/ステルスロック

今回のPT地雷その2。前回のPTが非常に電気の一貫性があったので、電気を通さなくある程度マンムーにも強めなステロ撒き要員が欲しく行き着いた先。
初手でPTに刺さる水ロトムが出てくることが多く、水ロトムを見かけたら初手で投げて型破り地震で牽制し、その間にステロ撒いたり何たりして上手く仕事をしてくれました。
対ノオーガブサンダーでも初手にサンダーが来ることが多かったので、特性の発動順でSを見極めて動いて後続のバンギの起点作りを行いました。
いざっていう時に打てる地震やアイアンヘッドは非常に便利ですね。型破りなので頑丈持ちにも強めに出られ、この特性の強さを改めて実感しました。


ヒートロトム(NN:フレイミー)@拘り眼鏡
性格:臆病/特性:浮遊
個体値:29-x-30-31-31-31
実数値:143(148)-x-127-139(108)-127-151(252)
技構成:オーバーヒート/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/トリック

今回の炎枠。ハッサムやナットレイが全体的にかなり重たかったので採用。浮遊による拘り地震透かしも兼ねて地震の一貫性を消すことも出来るのも便利ですね。
この子をチラつかせることで拘ってるガブに逆鱗を打たせて上手くバンギを活かすことが出来た試合もあり、非常に扱いやすい子でした。
1Vメタモンだけで繋いで厳選した思い入れのある子というのもあるのですが、なかなか使用機会がなかったので今回PTとそれなりにマッチしたのもあり使えて良かったです。
トリックと10万ボルトで迷いましたが、受けループの1匹を機能停止に陥れられうるトリックの方がいいかなと考えトリックのままで臨みました。


ローブシン(NN:なみへい)@命の珠
性格:意地っ張り/特性:根性
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:189(68)-210(244)-136(164)-x-89(28)-65
技構成:ドレインパンチ/マッハパンチ/雷パンチ/冷凍パンチ

バケモン。ABベースにして対砂性能を上げました。
また、熱湯による火傷で機能停止しないよう、珠ダメが入ったことで鉄の拳or力ずくと踏んで鬼火を撒いてくる相手に痛手を加えられるよう根性を選択。



今回の予選は8人中上位3位抜け。私はゴーグルデブグループに割り当てられました。
ちなみに他グループの名称はマルスケデプ、チョッキデブ、保険デブと神速オフという名に相応しい名称でしたw


【対戦レポ】

1戦目:ジョニーさん

ニョロトノ/キングドラ/ラティオス/(霊獣トルネロス/ハッサム/キノガッサ)
vs
クロバット/ブルンゲル/ローブシン/(バンギラス/ドリュウズ/ヒートロトム)

初戦からいきなり雨パでお先真っ暗。対策は練ってれど雨パに対しての勝率(@レート)は五分五分だったので正直精神的にキツかったです。
初手は霊獣トルネ読み、ないしトノでも飛行技の一貫性がかなりあったのでクロバットで。
お相手の初手はトノ。脱出ボタン読みブレバで7割位削れ、ゴッゴッ!→脱出ボタンからのキングドラ無償降臨。
実は先日、レートで某アグノム使いの方とマッチングして、グドラにブルンを後投げしたら竜波打たれてサイクル崩されたことがありました。その悪夢が過れどブルン後投げ→ドロポンキャッチ
お相手さんラティ投げ。そこからトリル展開後にシャドボ→雷で撃沈。
そこからはローブシンで下から殴る動きを取っていたのですが、交替やトノの守るでターンを稼がれ、トリル最終ターンにグドラがHPフルで場に。正直負けがチラつきました。
相手からすればグドラを残せば勝ちなので、ラティ交替読み冷拳→グドラ居座り…
負け確かな…と思っていたその時、\キングドラは こおりついた!/ ∑(゚∀゚;)
凍り状態を狙ったのではと言われたのですが、狙うつもりなど全くなかったのでこればかりは想定外でした…。
ここで力ずくから根性に特性変更した恩恵を受けるとは思いもしなかったです…w
グドラを凍ったまま突破してラティオスをクロバットで突破してまず1勝。


2戦目:shunさん

サンダー/ユキノオー/コジョンド/(ガブリアス/クレセリア/ヒードラン)
vs
ドリュウズ/バンギラス/クロバット/(ブルンゲル/ヒートロトム/ローブシン)

ノオーガブ。ガブとコジョンドにさえ気を付ければバンギでの処理が楽に出来ると踏んでの選出。
先発も読み通りサンダーでしたがSは負けていました。ステロを撒いて退場。
バンギ死に出しからの竜舞→ノオー後投げ→蹴手繰りで突破。
コジョンドを死に出し→岩技orめざ氷を警戒するもクロバ後投げ→飛び膝外し 三ヽ(´◔‿ゝ◔`)ノ┌┛ウワアアアア
あとは両者に通るクロスポイズンでゴリ押しを選択→サンダー交替後に降参を頂きました。これで2勝目。


3戦目:ゆで卵さん

霊獣ボルトロス/クレセリア/ローブシン/(バンギラス/ガブリアス/スイクン)
vs
ヒートロトム(?)/ブルンゲル/ローブシン/(バンギラス/ドリュウズ/クロバット)

苦手なメンツのオンパレード。しかも選出直後に霊獣ボルトを化身ボルトと勘違いしていたことに気付きア。
しかしながらクレセブシンを見て、偽装でなければ来ると踏んでブルンで突破を考えました。
それと申し訳ないんですが、メモを取り忘れて選出のうち1匹がうろ覚えです…。
お相手さんは予想通りクレセローブの選出。トリックルーム展開にブルンを合わせて、

「トリル返しだ!」

…ごめんなさい、これがやりたかっただけです()

ブルンとヒートム(?)で何やかんやして最後はブルンをクッションにして(あるのなら)めざ飛行を牽制し、ブシンで霊獣ボルトの10万を耐えて冷拳で返り討ちにしてフィニッシュ。
実は前回のトリオフでお手合わせ願ったこともあってか、非常にバンギがメタられている気しかしなくて出しづらかったです。
とはいえ何とかキツかったクレセローブにも勝てて3勝目。


4戦目:さめCさん
ゴウカザル/ラッキー/ドーブル/(トゲキッス/ランクルス/ラグラージ)
vs
ドリュウズ/バンギラス/ブルンゲル/(クロバット/ヒートロトム/ローブシン)

非常に癖のあるPTで初手が全く読めませんでした。サルやラグをメタるためにブルンを選出。
初手から出し負け。仕方なくブルン後投げ→ゴウカザルの猫の手!私「!?」⇒ゴウカザルの小さくなる!

(´-`)あかん…

ブルンのドロポンが外れ続け、最後にトリル展開からシャドボで何とか削ってドリュ死に出し。
相手さんのラッキー交替からターンを稼がれトリルが切れ、カウンターを受けるも何とか突破してバンギ死に出し。
これは終わったな…と思っていましたが、何とかマッパを素耐えして突破。
ラス1ドーブルで絶望。しかしながらさめCさん何やら運営に相談。
正直何が飛んでくるか分からずこちらはgkbr状態…。そして相手さんの一手は道連れ。
バンギの噛み砕くで落ちたのですが、その際の判定はこちらの勝ちとなっていました。
道連れの判定を知らなかったので冷や冷やしていました…(._.) これで4勝目。


5戦目:らいらさん

クレセリア/マリルリ/キノガッサ/(バンギラス/ガブリアス/リザードン)
vs
クロバット/バンギラス/ブルンゲル/(ドリュウズ/ヒートロトム/ローブシン)

圧倒的なバンドリュ包囲網。マリルリが怖かったのでブルンで牽制、バンギ以外に一貫する飛行技や寝言のあるクロバを選出。
クレセをブルンで削って回復のターンにバンギを合わせて竜舞→電磁波をラムで回避→噛み砕くで突破。
ガッサを冷拳+砂で突破するも胞子で機能停止。あとはブルンで削ってクロバでフィニッシュ。5勝目。
ブルンに交替した時に冷ビやら熱湯が飛んできたり、ギガドレ→草食!(´∀`)だったりと、ここで特殊草食マリルリに出会うとは…w


6戦目:ゴーシュさん

化身ボルトロス/ラティアス/コバルオン/(マリルリ/ユキノオー/ガブリアス)
vs
ドリュウズ/バンギラス/ヒートロトム/(クロバット/ブルンゲル/ローブシン)

初手は何とか読み切りました。コバルオン後投げでこちらはステロ撒き。
ここで地震に釣り出しでボルト後投げ。地震を透かされこちらは一発耐えて何とかボルト突破。
そしてコバルオンを出されドリュ捨て。ヒートム死に出し。
ガブ交替読みめざ氷を選択するも上手くかわされ起点にされました(変わった型ですので念のため詳細は控えます)
結局バンギ後投げをせざるを得なくサイクル崩壊して負けました。1敗目。
やっぱり先入観っていうのは本当に怖いですね…。


7戦目:KKTRさん

アグノム/サクラビス/キノガッサ/(マンムー/ハッサム/カイリュー)
vs
ドリュウズ/バンギラス/クロバット/(ブルンゲル/ヒートロトム/ローブシン)

最終戦。トリオフや神速オフに参加するきっかけになった方でいつかお手合わせ願えたらと思っていたのですが、
まさかここでとは…。正直なところリーグでは一番当たりたくなかった方です(汗
しかしながら、この舞台で一戦を交えられるのは非常に嬉しくもありました。

初手はマンムー読みのドリュウズ。しかし初手アグノム。サクラ起点のアグノムかと思えばアグノムからでした。
ステロを撒いた後にアグノムを急所で突破。そして後続のサクラビスからのガッサ降臨。
ここは胞子一点読みでクロバ後投げ。胞子を受けてから身代わりと寝言の打ち合いになりました。
蜻蛉が出た際はドリュもバンギもクッションにしてクロバの催眠リセットを兼ねて何とかローキックが一度入った状態でガッサを突破。

そして最後のサクラビスとの対面。黄色ゲージまで削れていたので、寝言からブレバかクロスポイズンが出れば勝ちの場面。勿論そのターンで目が覚めれば負け確。
寝言は無事発動。そして引いた技は…蜻蛉返り。返しの冷凍ビームでこちらは落とされて負け。2敗目。
非常に悔しい最後でしたが、本当に強い方とここまで渡り合えたので楽しくもありました。

結果として勝敗は5-2。自分なりに考えた構築としてはちぐはぐでしたが(運要素が非常に絡みましたが)ここまでの結果が出せて良かったです。


そして予選を突破したのは、ゴーシュさん、ジョニーさん、KKTRさん。オポネントと対面の関係で予選を勝ち上がることが出来ず、グループ中4位で予選落ちでした。
予選を抜けたかっただけに悔しい結果ですが、ここまで来れただけでもいいかなと思いました。

一言で締めるのも少し口惜しいですが…対戦して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
これにて私の第五世代は締めでしょう。


P.S.
今世代でもレート等ちょくちょく潜っています。
毎シーズン1700は突破出来ればいいなーとかいう感じでのんびりやっています。
まだちぐはぐですが、こちらでも色々と報告出来ればと思っています。
スポンサーサイト
オフレポ | comment 0 | trackback 0 Top ↑
第1回神速オフに参戦してきました(前編)
記事タイトル通り。
9月下旬に参戦したトリオフに引き続き、トリオフの運営陣にいらっしゃったツインさんが企画された神速オフに参加させて頂きました。

今回が第五世代環境で臨める最後のオフになりそうということ、それなりに近場でのオフでしたので是非参加したいという意気込みがありました。
前回のトリオフであと一歩というところで予選抜けに届かなかったことが悔しく、その悔しさを晴らすことが出来ればと思っていました。


午前中はポケモンXYでの1on1の大会がありました。
今世代で新しく登用されたメガシンカを使いたかったこともあり、私は育成しようとずっと思っていましたがそれを果たさずに今作を迎えてしまったサーナイトを使用しました。
メガサーナイト、蕩れ(*´ω`*)

結果は1勝2敗と結果を残せず予選落ちでしたが、1on1というルールや同グループの方が皆メガシンカを使ってきたということもあり、非常に楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
やっぱりポケモンは笑いながら楽しんでやれたらいいなと改めて感じました。


【使用した個体の詳細】

サーナイト(NN:アマゾナイト)@サーナイトナイト

性格:控え目/特性:トレース(※メガシンカ後はフェアリースキン)
個体値:31-x-31-30-30-31
実数値:175(252)-x-101(124)-174(96)-135-105(36)
技構成:サイコショック/ムーンフォース/めざめるパワー地面/10万ボルト(⇔電磁波)

H-B:珠ドリュウズの地震耐え(あくまで目安です。アイヘ打たれるなんて言わない)
S:準速ラッキー抜き抜き抜き


今作で新たにフェアリータイプを得て格闘に滅法強くなりました。
よってDに厚い格闘に刺さるサイコショックを選ぶことが容易に出来るようになりました。
また、特殊技の威力が軒並み落ちたことから、特防に振らずともそれなりに耐えてくれるだろう、その上メガシンカで耐久の底上げも出来ると考え他に回してみました。
Sは実数値103(準速ラッキー抜き)を目安にしていたのですが、104まで振るフシギバナを某所で見かけたため、もしかするとそこが目安になるかもしれないと考え105まで伸ばしてみました。
調整が活きたことは今のところありません() 掴み掴みですが、環境に合わせて調整してみようかと考えています。

めざめるパワー地面は主に有効打がないと踏んで影打ちを連打するギルガルドや、じきにやってくるであろうヒードランに対して刺すことが出来ればと思い厳選してきました。ハッサムからは素直に逃げます()
オフレポ | comment 0 | trackback 0 Top ↑
| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。