| Main | All |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
【告知】第二回 鉄輪オフ 0次会(3/14開催)について
大変お待たせ致しました。
3/14(土)に、第二回鉄輪オフの0次会を開催します。
スケジュールは以下の通りです。

<スケジュール>
~18:00
各自自由行動
(前回、私の不手際により他方から来られた方と時間が噛み合わなかったので今回は18時まで自由行動とします。あの際はご迷惑おかけしました。この場を借りてですが、改めて申し訳ありませんでした…。)
お昼から地獄巡りをするのもいいかもしれませんね。

18:00~19:00
ひょうたん温泉 現地集合
温泉入ってゆったりしませう( ˘ω˘ )

20:00~22:00
こつこつ庵 現地集合
飲み放題コースです。一人4,320円と少し高めですが、郷土料理を存分に堪能できます…!


参加希望は今回この記事のコメントで取ります。
一応人数調整は前日まで可能ですので、もいキャンセル等ありましたらブログのコメント、
もしくは緊急の場合はTwitter(@Harile_)までご一報願います。


現在開催中の真皇杯も盛り上がっていますが、観光も兼ねてゆったりオフに参加するのも一興ではないでしょうか。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。



--------参加者一覧-------- ※敬称略 3/12 更新
1. じーじょ(20時~)
2. ぼんくら
3. Pちゃん(18時~)
4. ハルド(20時~)
5. あかね(18時~)
6. ysd (18時~)
7. ナオキ(18時~)
8. IXI (18時~)
9. ハシダム (18時~)
10. 神代(18時~)
11. めもてふ(18時~)
12. アズサ(18時~)
13. めんたい(18時~)
14. くわっちょ(18時~)
15. ゆのたま(18時~)
16. KKTR(18時~)
17. ごましお(18時~) ※はると同時着予定
18. らいら(18時~)
19. しゅん(18時~)
20. こざかなぽけ(20時~)
21. はるか(20時~)
22. sh0w(20時~)
23. オラマト(18時~)
スポンサーサイト
未分類 | comment 22 | trackback 0 Top ↑
【雑記】XYレートを振り返って
どうも、HaLです。
そういえばXYのレート全シーズンを振り返ってなかったなぁとか思っていたので、今更だけどちょっとだけまとめようと思って記事にしてみました。


・シーズン1

まだ5世代の感覚を拭えないままXY環境に飛び込みました。
とはいえ、そんなに当時は強いわけでもなく(今でも強いとは思えないですが)、ただただフリーの環境が変わったことからレートに挑戦することに。
5世代ではちょっとだけレートを齧っていましたが、永続天候が5ターンまでに、草タイプに胞子が効かない、電気タイプは麻痺しないと色んな仕様変更で環境は大きく変わっていた気がします。

当時は長期メンテ等もあり使っていたPTはしっかりと記憶にはありませんが、クロバット入りは続行。
その時からメガリザードンXはPTにいましたね。当時はYの方が株がはるかに高かったなぁとか。
確かパルガッサを使っていましたが上手く使いこなせていなかった模様。レートは最高/最終共に1760台とかで終わってた感じです。
2100超えした知り合いがいれば、九尾杯で優勝した知り合いもおり、強くなりたいな…と、漠然と思っていた時期でした。



・シーズン2

ポケバンク解禁によりレート環境は著しく変化。それに伴い私も過去作から色んな個体を引っ張り出してレートに挑戦。
当時は1800台後半を超えるのがやっとでした。そこからの壁がとても高く感じました。
ただ、このシーズンでポケモンを考える大きなきっかけを得ました。

第二回神速オフ、予選3位抜けからの準優勝。勿論クロバット入りで。
優勝できなかったこと、後から考えれば勝ち筋が十分あったことは今でも悔やんでいます。
ただ、予選抜けに必要だった最後の一勝をクロバットが繋いでくれたことが何よりも嬉しく、クロバット入りでもっと頑張りたいと思えた日でした。



・シーズン3

好きなポケモンで頑張りたいという原点回帰を試みたシーズン。
BW2で一番お世話になっていたクロバット・ランターンでレートに挑戦。

crobat.gif lanturn.gif


当時の目標はひとまず1900。
当時はクレセリア・ヒードラン・メガフシギバナがめちゃくちゃ流行っていた感じがしたので、そこを一体で見れるラティアスを投入。
メガガルーラ・ガブリアス対策でコバルオンを投入。

latias.gifcobalion.gif

この2匹が環境にマッチしたのかレートは思っていた以上に伸び、
目標にしていた1900を突破、そして大台と言われる2000台に乗せることが出来ました…!

その時にもPTにはメガリザードンXが健在。

charizard-megax.gif

レート1900、2000に初めて乗った時の一勝はこの子のおかげでした。

シーズン中盤でレートを落としたので最終レートは1900ちょい。
とはいえ、相棒入りのPTでここまで行けたことが私には純粋に嬉しかったです。



・シーズン4

私にとって一番苦しかったシーズン。
色んなPTを試したいという意味で挑戦したのがラティハッサムやラティアスクチート。
上手くいくことはあれどなかなかレートが上がらず。1949まで上がったものの、そこから11連敗を記してしまい、一気に1600台まで転げ落ち。

「立ち回りがいけなかったのか」「技構成がいけなかったのか」「PTを組みなおそうか」
色々考えました。何がダメだったのか原因を突き止めるために。


ただ、当時の私はその矛先を最悪の方向に向けてしまった。




シーズン4終盤、私のPTに相棒はいなかった。

自分が立ち回りを覚えて強くなってから相棒を迎えるため。そんな言い訳を掲げてレートに潜り続けた。
ただ、そんな時に限って『クロバットがいれば…』という試合が何戦もありました。


シーズン4最終レート:1760。
クロバット入りでエンジョイしていたかつての自分にも届かなかった。
とても辛かった。ポケモンを放り投げることまで考えていました。



ただ、この日を機に私の考えは一気に変わりました。

2014年7月12日。
奇しくも第二回神速オフから丁度半年。

BsVCXZzCcAEzMpO.jpg


惰性で続けていた国際孵化で♂とはいえ夢特性のC抜け5Vを手に入れました。
本当は♀で狙っていたけど、BW2のオンライン対戦の初陣でPTを皆♂で組んでいたことを思い出しました。

『シーズン5はこの子と頑張りたい…!』

その一心でシーズン5に臨みました。



・シーズン5

ドリボ入り色クロバを引き連れてレート挑戦。
当時は前シーズンの延長かバシャナットサンダーやバンギランドルカリオアローがめちゃくちゃ流行っていました。

そこでその辺りに強く且つ意表を突くために投入したのがHCめざ炎持ちラグラージ@帯。

swampert.gif

交替読みめざ炎でナットに致命傷を与えたり、挑発を打ってくるメガゲンガーを大地で返り討ちにしたり、メガクチートを一撃で持っていって、後ろのファイアローも拘り読みかよく剣舞してきたので波乗りで一掃。
帯ラグ自体は某実況者さんのアイデアですが、めざ炎は読まれることがまずなくアド稼ぎをいっぱいしてくれました。
自覚も凄まじく、この個体をツモって頂いたごましおさんには感謝してもしきれないですね。

そして、シーズン3以来のレート2000台もギリギリでしたが突破しました(最高/最終レートは共に2001)
クロバットはあまり出せなかったけど、シーズン全試合左上にいてくれました。再び突破出来てとても嬉しかったです。



・シーズン6

今までのシーズンで一番レートを上げるのに苦労した時だった気がします。
序盤で1900ラインまでは乗ったものの、一日で200~300を溶かすなんてことが何度もあり、また一日で200~300上げるとかいうこともありました。

そして5世代から苦手意識の強い霊獣ランドロスに加え、キノガッサ・スイクンが環境に蔓延。
シーズン5のPTはなす術もなかったので解散。

そして新たに軸を組みなおして出来上がったPTがクロバ入りカバリザガルド。

crobat_s.gifhippowdon.gifcharizard-megax.gifaegislash_s.gif

某オフで優勝した構築の一部ですが、個人的にギルガルドを使いたくもあり(シーズン3中盤で国際孵化で理想個体を手に入れていたので)採用。
使い手によるポケモンだなと思いますが、ハマった時の抜き性能は惚れ惚れするものでしたね。

また、補完として第二のメガ枠にメガカメックスを使っていました。

blastoise-mega.gif

リザで見きれないクレセリア・ヒードランを一気に処理するための駒でした。
タイマン性能が高く、お気に入りのメガでもあります。


そして、2014年10月22日。

国際孵化でついにすりぬけ♀のC抜け5Vの色ズバットを手に入れました!

B0jzl4PCAAIt287.jpg

13年12月末よりダークボールから始めた国際孵化はここで終了。
色個体は計12体。うち理想個体は通常特性♂、夢♂、夢♀の3体。
とても長かったですが、とても嬉しかったです…!


レートは1900台に乗っても苦戦することが多く、2000チャレンジを何度も阻まれました。


その中の一戦。

相手さんのPTが
バンギラス・ドリュウズ・エルフーン・サンダー・バシャーモ・ラティオス

私のPTが
クロバット・カメックス・カバルドン・リザードン・ラティオス・ギルガルド


バンドリはカバルドン・カメックスで止められる。
ただ、エルフーンにどちらも有効打がなくどうしようもない。ラティオスも壁張りだと一刻も早く処理しなきゃならない。


クロバット…出した方がいいかな。

いや、出さなきゃいけない!


当時生放送中でしたが、そう頭に過って口にしていたのははっきりと覚えています。

結果、選出されたのはサンダー・エルフーン・バシャーモ。
クロバットでエルフーン(コットンガード搭載のゴツメ型)を突破し、バシャーモを削って退場。
カバルドンで何とかバシャーモを受け切りサンダーに封じを入れ、カメックスで締めた一戦でした。

はい、クロバットがいなければほぼ負けていました。
偶々選出が上手くいったとはいえ、相棒を最後まで使っていて本当に良かったと思えた一戦でした。

この一戦で私のXYレート・シーズン6は終わり。最高・最終レート共に2004。




という感じで、XYの6シーズンを駆け抜けてきました。
レート2000越えた程度でどうこう言えるとは思っていませんが、せめて相棒と共に頑張っていて悩んでいる人がいるのなら、この記事をきっかけに頑張ってほしいなと思っています。

勿論、ORASでもクロバ入りで頑張っています。
このままORASの全シーズンもクロバ入りで駆け抜けたいです。


今回はこれにて!それでは!!
ポケモン | comment 0 | trackback 0 Top ↑
| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。