| Main | All |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
ラブライブ!サンシャイン!! 個人的キャラランク
あくまで個人の好みなのであしからず。


第1位:松浦果南

第2位:小原鞠莉

第3位:黒澤ダイヤ&津島善子

第5位:桜内梨子

第6位:高海千歌

第7位:国木田花丸

第8位:黒澤ルビィ

第9位:渡辺曜



個人的なトップは果南ちゃん。もうまさしく皆のお姉さんみたいな感じが最高。
後輩達には余程の時じゃないと表情に曇りを見せず、2年間ずっと鞠莉のことを思っていた、苦しいながらも鞠莉のことを思って辛い決断を取ってきた。
…涙が止まりません(´;ω;`)
9話は放送日にオフの二次会で酔っぱらいながらかなまり最高~^。^と語った後だったこともあり、ボルテージは最高潮を迎えていました。

アニメ開始よりも前から、直感で『この子を推す』って決めていた(μ'sで一番好きな希ちゃん的な何かを察知した)のですが、何というかある意味ダークホースを引いちゃった感否めないので嬉しくもあるのですが。

あとは上述の通り、よく『かなまり』としてCPになってることもあり自然と鞠莉、二人をずっと見守ってきたキーパーソンでもあるダイヤと上位3人はすっと決まりました。

…μ'sの時もそうだったのですが、どうも個性がひときわ強い子に惹かれるみたいです。(特に1年生)
最初はそうでもなかったのですが、あのマイペースな我が道を行く感じも好きになっていったということで善子ちゃん。中の人の歌も決め手。高音が綺麗。

梨子ちゃんはアニメ中盤で色々とありましたが、おしとやかながらも所々抜けてるようなギャップが個人的にグッときました。正直あざと(ry

序盤は正直イマイチパッとしなかった千歌ちゃん。
私の見方に変化を与えたのは第6話。最後に覚悟を決めたあの顔の可憐さがとてつもなく好きです。
物語が進むにつれてAqoursのリーダーとしての自信を付けていく流れは本当にいいですね。

花丸ちゃんは語尾と一人称のインパクトが強すぎて正直敬遠していたのですが、ルビィちゃんを思うキャラと9話の善子ちゃんをチョップする『やめるずら』のシーンが可愛かったです。

ルビィちゃんはずば抜けていた人見知りを頑張って克服していった努力が眩しかったです。
8話でダイヤさんに泣きついた時はもう涙腺が崩壊しました(´;ω;`)

…最後になりましたが曜ちゃん。
キャラ自体は特に嫌いというわけでもないのですが、どうも完璧すぎるキャラが個人的に苦手意識があることからこうなっちゃいました。とはいえ一度ヨキソバ食べたい^。^



少し長くなりましたがこの辺で。
結局一言で言うとラブライブ!サンシャイン!!最高ですね。
恐らくやると思いますが、2期にも期待したいところです。
スポンサーサイト

未分類 | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。