Prev | Main | All | Next

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
第四回 鉄輪オフ 結果発表とあとがたり
 どうも、はるです。
先日の7月9日(土)に開催した第四回 鉄輪オフ。

試合進行自体は皆様の御協力のおかげで滞りなく進みましたが、放送機材等で視聴者にご迷惑をおかけする面があったこと、決勝戦中にうっかり対戦中の方の情報を出してしまったことがありました。
いくら私の不注意とはいえ、こればかりはあってはならないことでもありますし、それを良く思わなかった方がいらっしゃることも受け止めております。
この場を借りてお詫び申し上げます。
今後そういったミスが無いよう努めて参ります。


それでは、簡単ではありますが結果発表とさせて頂きます。(敬称略)


・シングルの部

優勝:ここあぽけ

trainercard-ここあぽけ 


準優勝:ダイジ

trainercard-ダイジ 


3位:カズキ

メガガルーラ/クレセリア/サザンドラ/霊獣ボルト/メガバシャーモ/ゲンガー


4位:はる

カバルドン/メガリザードンX/ゲッコウガ/ギルガルド/化身ボルト/ローブシン



・GSダブルの部

優勝:ハルド

trainercard-ハルド 


準優勝:KKTR

trainercard-ダブル準優勝 


3位: ハシダム

化身ボルト/化身ランド/メガガルーラ/ファイアロー/ゲンシグラードン/ゼルネアス


4位: ナオキ

ペリッパー/ゲンシカイオーガ/ゲンシグラードン/メガミミロップ/ナットレイ/ホワイトキュレム



入賞された方はおめでとうございました!
ちなみにGS部門で優勝されたハルドさんは全勝で優勝しております。圧巻でした…!




・KP集計結果


<シングルの部>

第四回 シングル KP


第四回 シングル KP(ポケモン) 


<GSダブルの部>

第四回 GS KP 

第四回 GS KP(ポケモン) 



以上で結果発表及びKP集計結果とさせて頂きます。



<あとがたり>

新作の発売が11月に決まり、今回はORAS環境最後の鉄輪オフということで動いてきました。
次回以降の開催は私自身が仕事上休日が不安定なためどうしようか悩んでいたところもありましたが、
遠方からわざわざ来て頂いた方も多く、次回以降の開催を望まれる方も見られました。
(今回は愛媛や広島からも来て頂いた方がいらっしゃいました。本当にありがとうございました。)
また、ニコ生配信中の実況でも多くの方に助けられ…。感謝の限りです。

感謝の言葉を頂くような主催には程遠いですが、次回は今回以上のオフを運営できるように努めて参りますので、今後ともどうかよろしくお願い致します。
運営を手伝って頂いたがちゃさんを始め、参加された皆様には感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。


次回のオフはまた日程が見え次第告知致します。
次回も折が合えば御参加頂けると幸いです。


以上、これにて第四回 鉄輪オフのまとめとさせて頂きます。

それでは!

未分類 | comment 0 | trackback 0 Top ↑
【シーズン12~15使用PT】カバゲッコウガルド
どうも、はるです。
シーズン15お疲れ様でした。


使用PTは以下の通りです。

s15.png


構築の使い始めはシーズン12から。詳しくはこちらで。

シーズン15
最高レート:2089
最終レート:1957

TN chaleur* で潜っていました。
対戦した方はありがとうございました。


シーズン12~15まで同じPTを回してきました。
4シーズン通して、最初のシーズンで到達した自己最高記録(2136)を越えられず、特に前シーズンはインフレしたということもあって2100にも届かなかったのが心残りでした。
特に再戦が多く発生する現時点の環境では恐らく通用しないと考えたので供養の意も込めて。



個体別の使用感等は以下の通りです。



hippowdon_s.gif


カバルドン@ゴツゴツメット 特性:砂起こし

211(220)-132-187(252)-x-92-72(36)
地震/岩石封じ/毒々or欠伸/怠ける


HBベース。Sは4振りクチートを意識して。
欠伸を打つ機会が減ってきたことやガルクレセが大量発生したため、終盤にラス1耐久同士の対面も意識して欠伸から毒々に切り替えました。
結果、カバミラーでも処理ルートの1つとして持てたことや交替読みで刺さることが多かった為、選出に柔軟性が取れた気がします。
ただ、クチートに上を取られることやじゃれつく2発で落とされることが何度かあったため、素直にHBブッパにしてもいいような気もします。



charizard mega-x


リザードン@リザードナイトX 特性:かたいツメ

153-182(252)-132(4)-x-105-167(252)
フレアドライブ/ドラゴンクロー/地震/竜の舞


ASブッパ。このPTにおける唯一のメガ枠。
主にバシャーモ入りのPT辺りに出して舞って全抜きを狙う形が多かったです。
ガルガブにも拘り技からの展開、もしくは削れたガルーラを飛ばすことを意識して選出することがありました。
地震はPT全体で処理ルートに苦労するヒードランを意識して。

雷パンチ・羽休め等の選択肢もありましたが、PT全体で対水のウェポンが十分にあると踏んだことや、接触を避けられるという利点を取って採用。
竜舞・ドラクロまで見て羽休めと見られたのか、不意打ち択をかわせるという副産物もありました。
ドラクロは逆鱗ロック及び混乱を嫌って。逆鱗を打たせに来たプレイングを何度も崩壊させてきたのでこれで良かったと思っています。
前シーズンは陽気スカーフガブリアスに何度も止められて辛かったです。

2メガにすることも検討しましたが、リザードンを選出できなかった際の炎枠としての役割が別途必要になることや悪の一貫性(特にサザンドラ)が気になったため、選出の柔軟性を優先して1メガで組みました。




pokemon_xy_exclusive_gif__shiny_greninja_by_sonicandrbisawesome-d788y0a.gif


ゲッコウガ@命の珠 特性:変幻自在

147-x-88(4)-155(252)-91-191(252)
波乗り/悪の波動/冷凍ビーム/草結び


主にPT上で処理ルートの少ないボーマンダ・マンムー軸へ選出することが多かったです。
カバリザを使用するうえで処理が辛くなりがちなゲッコウガをどう処理するかという課題への答えでもあります。
(要は同速に勝てなければ選出次第ではかなりシビアな対戦になります。)
ただ、終盤に同速負けすることが複数回あり、現時点で環境に多い所謂『信用可能ゲッコウガ』の裏を突かれた結果かなと感じることがありました。



aegislash_s.gif

ギルガルド@ラムの実 特性:バトルスイッチ

155(156)-110(236)-171(4)-x-172(12)-93(100)
シャドークロー/影打ち/聖なる剣/剣の舞


HAsベース。普通の剣舞ガルドのSに4振り70族抜き+1まで割きました。
残りの努力値も非常に綺麗なのでお気に入りの調整です。
この調整が活きることはかなりあり、削れたブラッキーを上から叩けたことで勝てたことや剣舞ミラー同士での同速勝負にもここ数シーズンは負けることが一度もなかったです。
ただ、ガルクレセに対して一貫し、PTで重たいピクシー・ニンフィアを迅速に処理するアイアンヘッドが欲しい場面も多々ありました。
シャドクロありきで択勝ちした試合もありましたが逆も然りという複雑なところです。
ただ、霊技の一貫が取れやすいので一長一短でもありますが。



thundurus.gif


ボルトロス@オボンの実 特性:悪戯心

161(52)-x-92(16)-167(172)-102(12)-179(252) ※理想値、努力値4余り
10万ボルト/サイコキネシス(目覚めるパワー氷)/気合球/悪巧み


hCSベース。最低限の耐久を確保した悪巧み3W化身ボルトロス。
主にクレセリアやポリゴン2、受けループを意識して採用。
サイキネは悪巧みを積むことが出来れば殆どのメガゲンガー・メガヘラクロスを飛ばせるため意外と重宝しました。
また、PT上重くなりがちなメガフシギバナにも刺さるため、メガバナを見たらほぼ出していました。
故に受けループとの再戦ではグライオンが粘ってくるため、かなり辛酸を嘗めさせられることになりました。
試験的な採用だったため、めざ氷に差し替えても特に問題はないと思います。




69bf7d1e.gif


ローブシン@防塵ゴーグル 特性:鉄の拳

207(212)-173(100)-154(196)-x-85-65
ドレインパンチ/マッハパンチ/冷凍パンチ/雷パンチ


HaBベース。このPTでの地雷枠。
腕白での採用理由はA194親子愛猫騙し+親子愛捨て身タックルを両方最高乱数以外耐えが実現出来、鉄の拳による火力補強で十分と踏んだため。この調整はかなり活きることがあり、easy win出来ることも少なくなかった。
元々キノガッサ絡みのPT(主にガッサマンムー)に選出が安心して出来る駒が欲しくての採用でしたが、キノガッサが増えた為非常に相手が楽でした。レパルガッサも一緒に狩れるところも良かったです。
雷パンチはファイアロー・マリルリ・(数は減ったが)ギャラドス意識。積みの起点にしてくるところに上手く刺さり、とても使い勝手が良かったです。
ただ、ゲンガー・ギルガルドにかなりの隙を見せるのが大きな欠点でした。

ガルガブの並びに強いとはいえHP管理次第では負けてしまうことがあったので、上手く後続を回しつつ立ち回る必要性がありました。



個別の使用感等に関しては以上です。
メジャーなスカーフガブのケアや、積み技が多いので天然持ちや悪戯心アンコール、雨(特にトノグドラ)が主に辛かったです。



<最後に>
シーズン12からカバリザに特化したPTでレートに臨んできました。
ひとまずの目標として掲げていたレート2100突破、PGLから最終100位以内に入った際のメダルを獲得するという目標は達成したものの、その先に進めなかったことが非常に悔いに残ります。
タイトルは『カバゲッコウガルド』ですが、カバリザを軸にしたPTではあれどこの3体を選出することがかなり多く、私自身も並びとしてもかなり気に入っています。故に私としては一旦の区切りとしてこのタイトルを選びました。

新作まではどうするか分かりませんが、カバリザ自体はとても気に入ってる並びなので今後も使っていきたいと思っています。



今回はこの辺で。それでは!
ポケモン | comment 0 | trackback 0 Top ↑
【告知】第四回 鉄輪オフ開催のお知らせ【7/9(土)・大分県大分市】

続きを読む
その他 | comment 22 | trackback 0 Top ↑
【シーズン14】カバリザX ~駆け抜けろ 青い衝動で~【真皇杯・きゅーぽけオフ春の陣使用PT】
どうも、はるです。
シーズン13は色々と前進できなかったこともあり更新する気が起きなかったです^^;
間が空きましたが、久々に記事を更新しようと思います。


シーズン14


今回のPTはシーズン12のものと殆ど変わっていませんので、細かい点は割愛します。




hippowdon_s.gif


luxuryball.png カバルドン@ゴツゴツメット

特性:砂起こし/性格:腕白
技構成:地震/岩石封じ/欠伸/怠ける

HBベース。PT単位でメガバシャーモ・メガクチートがしんどいので結局変更なし。
外しが怖けれど岩石封じのS操作が機能することは多かった。封じをない前提の動きをされたこともありましたし。
ガルクレセの並びに対しても出していけるように毒々を入れるのもありかもしれませんね。
クチート意識で少しSを伸ばしたのですが、やはり上を取られることが少なくはなかったので悩みどころです。


charizard mega-x


luxuryball.png リザードン@リザードナイトX

性格:陽気/特性:猛火→かたいツメ
技構成:フレアドライブ/ドラゴンクロー/地震/竜の舞

ASブッパ。このPTにおけるメガ枠兼エース。
最速を取る理由は意地スカガブを1舞で倒す、意地っ張り鉢巻ガブを上から倒すため。
それと、100族との同速勝負に少しでも勝てるように。

フレドラの反動ないし接触を嫌って地震を打つ機会が割とあり、それが功を奏して勝てることも。
ただ、マリルリ後投げをされることが多かったので雷Pに戻すのもありかと思います。
あとは見かけ上重たいヒードランを事故死させるため。ヘラクレセドランには殆ど負けませんでした。
メガガルーラのA194秘密の力+不意打ちを耐えるような調整でも面白そうかなとシーズン中に思っていました。
最近は数を減らしているらしく少し寂しいですね…(´・ω・`)



pokemon_xy_exclusive_gif__shiny_greninja_by_sonicandrbisawesome-d788y0a.gif

luxuryball.png ゲッコウガ@命の珠

性格:臆病/特性:変幻自在
技構成:波乗り/悪の波動/冷凍ビーム/草結び

CSブッパ。普通の特殊フルアタ型。
マンダマンムースイクン、クレセドラン辺りのリザじゃ抜き辛い相手に相性が良く、痒い所に手が届く感じでした。
水技を切った行動を取られることが増えたため、波乗りが重宝する場面が多かった印象。
ただ、影打ちか水手裏剣のどちらかが欲しい場面もそこそこあって非常に悩ましかった。


aegislash_s.gif

luxuryball.png ギルガルド@ラムの実

性格:意地っ張り/特性:バトルスイッチ
技構成:シャドークロー/影打ち/聖なる剣/剣の舞

HAsベース。普通の剣舞ギルガルド。
今回は60~65族近辺を一気に抜き去るために従来の型の努力値を変更。
Sに少し多めに振っていました。
一度だけブラッキーに上を取られた以外ではその近辺のS勝負には殆ど負けなかったです。
ラムの取り合いが起こりやすい軸でもありアイアンヘッドが欲しい場面もあったため、鉢巻で使っても良さそうという感じ。


thundurus.gif

masterball.png ボルトロス@オボンの実

性格:臆病/特性:悪戯心
技構成:10万ボルト/サイコキネシス/気合球/悪巧み

hCSベース。特殊方面の積みエース。
受けルメタとして仕込み、所謂純正の並びには気合球を当てれば割と楽に勝つことが出来たが、
ヌオー入りが増えたことで動き辛くなったような感覚。
サイコキネシスは削れたローブシンや見かけ上誘いやすいメガフシギバナ・メガヘラクロスにも刺さるため、
割とあって良かったと思う。あとは一貫性が取れることが多かったことも良かった。
電磁波がないことで負けたことは数度あったかなかったか程度。
先入観という盾の優秀さを感じました。



69bf7d1e.gif


luxuryball.png ローブシン@防塵ゴーグル

性格:腕白/特性:鉄の拳
技構成:ドレインパンチ/マッハパンチ/冷凍パンチ/雷パンチ

HaBベース。
所謂厨パやガッサ入りには抜群のタイマン性能を発揮してくれたが、
鉢巻ガブリアスに削られて裏のガルーラにボコられることもありました。
HP管理が非常に大切且つ難しいポケモンだという印象を受けました。
対面で積んでくるファイアロー・ギャラドス・マリルリに刺さる雷Pは非常に使う機会が多かった。
ただ、交替読み鬼火が飛んでくることもあったので努力値を再度調整して根性で使おうかなという感じ。



【結果】

ORASレート・シーズン14:最高2070 / 最終1935

真皇杯九州地区予選:予選落ち

きゅーぽけオフ春の陣:予選8-0 1位抜け 決勝T2回戦落ち(ベスト8)


オフやレートで対戦した方々はお手合わせありがとうございました。

レートや真皇杯では結果が振るわなかったものの、先日参加したきゅーぽけオフで予選全勝抜けという結果を残せました。
(2戦程運が良かったのもあったのですがね…)
奇しくもHNを意識させられる"春"の陣ということで、オフでは長らく予選を抜けていなかったこともあり、
何かしらの爪痕を残せて良かったです。
とはいえ、やはり大好きな軸で全勝優勝したかったですね…。負けた対戦では最後の立ち回りに甘さがあったので猛省。


シーズン15以降はどうするか分かりませんが、多分いつも通り中盤辺りにひょこっと潜ってるかもしれません。
もしマッチングしたらよろしくお願いします。


新作楽しみですね。


それでは!
ポケモン | comment 0 | trackback 0 Top ↑
【シーズン12総括】カバリザXスタンダード ~蒼炎・砂塵の舞~【最高&最終レート:2136】
どうも、はると申します。
今回はORASレーティング シーズン12で使用したPTの紹介です。


使用した並びは以下の通りです。


season 12_rating


内容自体はシーズン11使用構築と殆ど変わりません。
変更点としてはクロバット→ローブシンといった位でしょうか。
前シーズンでクロバット入りでレート2100を到達し、クロバを外したPTでどこまでいけるか見てみたかったということもあり
自分なりに本気で組んでみました。



個別の解説は以下の通りです。


hippowdon_s.gif


luxuryball.png カバルドン(NN:cafe mocha*)@ゴツゴツメット

特性:砂起こし/性格:腕白
個体値:31-31-31-×-31-31
実数値:215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67
技構成:地震/岩石封じ/欠伸/怠ける

HBブッパ。特に語ることもないテンプレ。電気の一貫も切れる便利な子。
ラス1耐久同士の対面に備えて欠伸→毒々にしたい場面もあったが、裏の起点作りや起点回避を考えると外せなかった。
主にメガバシャーモやメガクチートを牽制するための駒ではあったものの、それ以外には正直あまり出せなくなった印象。
メガシンカを読み間違え、シーズン中盤辺りでやたら見たリザYの餌になってました()



charizard mega-x


luxuryball.png リザードン(NN:El Diablo*)@リザードナイトX

性格:陽気/特性:猛火→かたいツメ
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値(メガシンカ前):153-136(252)-99(4)-x-105-167(252)
実数値(メガシンカ後):153-182(252)-132(4)-x-105-167(252)
技構成:フレアドライブ/ドラゴンクロー/地震/竜の舞

ASブッパ。このPTにおけるメガ枠兼エース。
最速を取った理由は同速に少しでも勝てる確率を上げるため、1舞で意地っ張りスカーフガブリアスを抜けるという利点を取って。
陽気で火力が足りずに負けたことよりも、陽気だったからこそ勝ちを拾えたことが遥かに多く、この選択肢は正解だと思っている。
竜舞を見ると2ウェポン+羽休めと決め打つ人が多かったのか、ホイホイ後出しされるヒードランを地震で即刻で処理出来た。
あとはキングシールド持ちのギルガルドにある程度有利になれるのも良かった。



greninja.gif

luxuryball.png ゲッコウガ(NN:Chalcedony*)@命の珠

性格:臆病/特性:変幻自在
個体値:31-x-31-31-31-31
実数値:147-x-88(4)-155(252)-91-191(252)
技構成:波乗り/悪の波動/冷凍ビーム/草結び

CSブッパ。普通の特殊フルアタ型。
相変わらず刺さりがいい相手には鬼のように刺さっていた。
素早さの補助や竜舞がないメガボーマンダを縛るためにも必要な枠でした。
あとは増えていたカバルドン展開を上手く切り抜けるためにも外せませんでした。



aegislash_s.gif

luxuryball.png ギルガルド(NN:BlackParade*)@ラムの実

性格:意地っ張り/特性:バトルスイッチ
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値(シールドフォルム):159(188)-110(236)-171(4)-x-172(12)-89(68)
実数値(ブレードフォルム):159(188)-220(236)-71(4)-x-72(12)-89(68)
技構成:シャドークロー/影打ち/聖なる剣/剣の舞

H:16n-1
A:11n
D:DL対策。
S:余り

HAsベース。普通の剣舞ギルガルド。
主にヤドラン・ラッキー・メガゲンガー辺りに刺していく駒。
零度スイクンが解禁されたシーズンということもあってか、小さくなるラッキーをやたら見た為続投。
もう少し素早さを上げるべきだと感じた場面がやはり数度はあったため、これに関しては要調整かと思いました。



thundurus.gif

masterball.png ボルトロス(NN:Gulf Stream*)@オボンの実

性格:臆病/特性:悪戯心
個体値:31-x-31-31-28-31(非理想個体)
実数値:161(52)-x-92(12)-167(172)-101(16)-179(252) ※努力値4余り
技構成:10万ボルト/サイコキネシス/気合球/悪巧み

H:オボン込みで地球投げ4回耐え
B:オボン込みでA182キノガッサの岩石封じ+マッハパンチ確定耐え
D:オボン込みでC191メガゲンガーのシャドーボール、C126ポリゴン2の冷凍ビームを高乱2耐え(どちらも上から2切り)
S:全振り

hCSベース。特殊方面の積みエースとして投入。
受けループ・ヘラクレセドラン辺りをメタるために採用。
化身ボルト=電磁波というイメージがあまりにも強く、不利対面でも電磁波を読ませて相手の交換際に悪巧みを積んで全抜きなんてことはザラにありました。
小さくなるラッキーとは基本的に積み合い合戦していました。
当てれば勝ち、当てなくともギルガルドバックという択があったので。
悪巧みからの気合球で沢山のマンムーを倒してくれました(ニッコリ



ここまでは前述の通り、変更点はありません。




そして、前シーズンからの悩みが、


mamoswine.gif


こいつどうすんだよ…。



kangaskhan-mega.gif garchomp.gif


も重たいから、せめて対面からの処理が出来れば…。


そうだった、

gyarados-mega.gif azumarill.gif


に積まれると辛い。
マリルリは無理でもギャラには後出しできる駒が欲しい…。


あ、クロバットがいなくなると


liepard.gif breloom.gif ditto.gif


で詰んでしまう…。





ど゛う゛し゛ろ゛っ゛て゛ん゛だ゛よ゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛


途方に暮れる私だった…。




???『何だ、わしのことも忘れたのか…?』


はる『あ、あなたは…!』







ff8d5a939ee882a30eac20d4927dd13bea6819601384675463.jpg


luxuryball.png ローブシン(NN:D.D.Cynical*)@防塵ゴーグル

性格:腕白/特性:鉄の拳
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:207(212)-173(100)-154(196)-x-85-65
技構成:ドレインパンチ/マッハパンチ/冷凍パンチ/雷パンチ

H:16n-1
B:11n
(H-B:A194メガガルーラの猫騙し+捨て身タックルをどちらも最高乱数を引かなければ耐える)
A:余り

HBベース。今回クロバットの代わりに入ってきたポケモン。
主にPT単位で重たいガルーラ、ガブリアスを対面から倒す為に採用。
他にはメガギャラドスをメガシンカさせずに迅速に処理する為、対面から腹太鼓してくるマリルリを吹っ飛ばす為に、今回ははたき落とすではなく雷パンチを採用。
ここまで耐久に振れば火力補強アイテムなしのマリルリのじゃれつくもそれなりに耐えます。
珠アローのブレバを耐えて返り討ちにした時は五世代トップメタの風格を改めて認識しました笑
ウルガモスもPT単位で辛かったので岩技も候補の一つでしたが、上記の相手を重視してこの技構成に。

特性はHBベースにすることで落とした火力を補う為の鉄の拳。交替読み鬼火が何度か飛んできて泣いてました()
持ち物は無難にチョッキでも全然いいと思いますが、キノガッサ(レパルガッサメタモン)に嵌められて負けることがちょくちょくありストレスになるのが嫌だったのでゴーグルを採用。
私のPTには大抵レパルガッサメタモン選出をされるので、高笑いしながら突破していました。
ちなみに、砂嵐や霰の定数ダメージをカットできるという利点もあり、これが功を奏し確定数をずらされずに勝てたこともありました。

メインROMの2100チャレンジでは再戦のレパルガッサメタモンを威張る自傷なしで3タテしました()



個別の解説は以上です。


レートの方ですが、上記のPTを2ROMで動かしていました。

シーズン12(メインROM)
メインは最高2105 / 最終1900(最終日にがっつり溶かしました)

シーズン12(サブROM)
サブは最高・最終共に2136で終わりました。

2ROMで2100にいけたのは初めてですのでとても嬉しかったです。
本当はもう少し上を目指したかったのですが、一つの目標としてPGLから貰える100位以内のメダルを手に入れるということがあり
今シーズンは2136でおしまいにしました。
対戦して頂いた方はありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
久々に最終日にがっつり潜ったのですが、やっぱり楽しいですね。


シーズン13はシングルは気が向いたら潜ろうかなと。
手を付けずにいたダブルに走ってみようかなと思っています。





P.S. 神速オフ2次会の私

074a186ba537c8d0ebcf9a7c1bd51f8f6d61ff571413553997.jpg

オフでもそろそろ結果残したいね。

それでは!
未分類 | comment 0 | trackback 0 Top ↑
Prev | Main | All | Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。